HOME > 青汁について > 主な成分

青汁と言えばケール

青汁の主成分となるのは主に「ケール明日葉大麦若葉」の3種類です。その中でもケールは古くから青汁に使われてきたいわば代表格です。タンパク質・リン・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンCなど非常に豊富な栄養素を含んでいるとても優れた植物です。
しかし、独特の苦みがあることから「青汁=まずい」というイメージを青汁に持たせてしまいました。そこで新しく青汁の主成分として活用されるようになったのが明日葉大麦若葉なのです。

明日葉と大麦若葉

明日葉は伊豆諸島や八丈島で栽培されているセリ科の植物です。ケールと同様豊富な栄養素を含んでいる他、抗菌作用発がん性物質抑制作用をもっているカルコンという成分や、アルツハイマーを予防するクマリンという成分も含んでいる植物です。
大麦若葉は鉄分・カロテン・カルシウム・マグネシウム・亜鉛などのミネラル成分が豊富な植物です。食物繊維も多く含まれているので便秘にも効果があります。
大麦若葉はクセや苦みの少ない植物です。そのため青汁にしても飲みやすいので、最近では大麦若葉を使った青汁が多く登場しています。

このページのトップに戻る