HOME > 青汁について > 注意すること

青汁を飲んではいけない人

沢山の栄養素を含んでいる青汁ですが、それゆえに摂取することを控えたほうが良い人もいます。青汁はカリウム・ビタミンA・リンが豊富に含まれており、これらの作用によって体内の余計な塩分を排出する効果があるのですが、腎臓の働きが悪い場合塩分を排出する力が弱まっているのでカリウムが体内に溜まってしまうことがあります。カリウムが排出されずに溜まってしまうと、高カリウム血症を引き起こしてしまうので腎臓が悪い人は注意が必要です。

不安な場合は医師に相談

青汁の成分の1つであるビタミンKも循環器系の薬の効果を弱めてしまうので注意が必要です。循環器系の薬のみならず、なんらかの疾患薬を服用している場合は、まずは医師に相談してOKが出てから飲みましょう。
青汁は健康食品ですが、場合によっては健康を害することもあります。飲み始めてから体調が悪くなったらすぐに止めることも健康を守るうえでは大切なことです。

このページのトップに戻る